葉酸は摂取しすぎないように注意しましょう

葉酸は、水溶性のビタミンであり、必要以上に摂取した分は、体外へ排出されるのですが、葉酸を摂取する上で、いくつかの注意点についてご説明したいと思います。


葉酸を摂取する際に、気をつけておきたいのが、1日の摂取量です。
1日に必要な摂取量は、200μgと言われており、妊娠可能な女性で400μg、妊娠中の方で600μg、授乳中で500μgです。
葉酸の許容限度量は、1000μgと言われており、それ以上の過剰摂取は好ましくないとされています。

通常、食事などから葉酸を摂取する場合、許容限度量になることはありませんが、サプリメントなどで葉酸を補っている場合は、過剰摂取にある場合があります。

前述したとおり、葉酸は、水溶性のビタミンであるため、過剰摂取分は、尿として体外に排出されるため、多少、限度量をオーバーしても問題はありません。
しかし、大幅に許容限度量を超える過剰摂取をすると、様々なトラブルを引き起こす場合があります。
葉酸の過剰摂取によって引き起こされる症状には、発熱や蕁麻疹、かゆみ、呼吸障害などです。
これは、過剰に摂取された葉酸に対して、体が過剰反応をすることで起こるのです。


また、その他にも、亜鉛が小腸から吸収されにくくなったり、ビタミンB12欠乏症の判断を困難にすることも確認されています。


葉酸に限ったことではありませんが、ビタミンなどの栄養素は、私たちの体に必要不可欠ではありますが、一度に多量に摂取すればよいというものではありません。
欠乏することによって、トラブルを引き起こしますが、過剰摂取によっても、引き起こしてい舞います。

一度にたくさん摂取するのではなく、毎日適量摂り続けることが大切なのです。

当サイトをはじめてご訪問された方は、まず以下のページをご覧ください。

葉酸サプリ関連情報

葉酸を摂取する上で注意したい摂取量を掲載しています。
葉酸をサプリなどで摂取している場合は、摂りすぎることもありますので、気をつけてくださいね。