葉酸が欠乏すると起こるこんな症状に気をつけて!

葉酸は、私たちの体を健康に保つために、不可欠な栄養素であり、欠乏すると様々な悪影響をもたらせます。

ここでは、葉酸が欠乏すると起こる症状についてご紹介します。


まず、葉酸が欠乏することによって起こる症状としてあげられるのが、お腹の赤ちゃんの奇形です。
葉酸は、新しい細胞を作り出す上で欠かせない栄養素であるため、それが欠乏することによって、胎児が正常に発育することができなくなり、奇形発生率が高まってしまいます。

その他の症状について分かりやすくまとめましたので、ご覧ください。
【葉酸が欠乏すると起こる症状】

・口内炎や舌炎など、消化器系の粘膜のトラブルが引き起こされる

下痢や食欲不振

胃や十二指腸に潰瘍ができる

大球性貧血や白血球減少症などを起こす

記憶障害

不眠症

機嫌が悪い

心筋梗塞のリスクが高まる


このように葉酸が欠乏すると、様々な症状が引き起こされ、健康を保てなくなってしまいます。
心身ともに健康でいるためにも、葉酸の摂取を心がけましょう。

当サイトをはじめてご訪問された方は、まず以下のページをご覧ください。

葉酸サプリ関連情報

葉酸が欠乏すると、様々な症状が起こります。
こんな症状が出ていたら、葉酸が不足しているのかもしれません。
葉酸不足は、胎児の奇形発生率を高めてしまいますので、気をつけてください。