葉酸とはどんな成分ですか?

葉酸を知っていますか?

妊娠を希望している方や、妊娠中の方、出産経験がある方の中には、聞いたことがあるという方も多いと思いますが、具体的にどういうものなのか、詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか?

妊娠してから、葉酸について知ったという方や、妊娠を希望する際に、葉酸の摂取をすすめられてびっくりした、という方も多いのではないでしょうか。

葉酸とは、ビタミンB群の一種で、水溶性のビタミンです。
ビタミンMと呼ばれることもあり、ホウレンソウの葉の部分から見つかったビタミンです。

葉酸は、代謝に深く関わっているビタミンで、たんぱく質や核酸の合成に働いて、細胞の生成や再生を助け、体の発育を促してくれます。
つまり、細胞が新しく作り出される際に必要不可欠な栄養素であり、細胞尾増殖をするためのDNAの合成に必要とされるのが葉酸なのです。

そのため、新しい細胞が活発に作られる妊娠初期に欠かせない栄養素であり、胎児の健やかな成長を促してくれます。
新しい細胞を作り出す際に必要であるため、妊娠初期の摂取が好ましいとされており、より葉酸の効果を得るためには、妊娠前からの摂取が望ましいようです。
そのため、妊娠を希望している方は、日頃から葉酸の摂取をするのがオススメです。


また、ビタミンB12とともに、造血ビタミンと呼ばれ、貧血予防にも効果があります。


葉酸は、生命が誕生し、健やかな成長をする上で欠かせない栄養素であることは、お分かりいただけたと思います。
妊娠を希望される方や、妊娠中の方などは、食べ物やサプリメントなどで、効果的に摂取してください。

当サイトをはじめてご訪問された方は、まず以下のページをご覧ください。

葉酸サプリ関連情報

葉酸とは、どんな成分なのでしょうか?
妊娠を希望している方や、妊娠中の女性に摂取が勧められている葉酸とは、どんな栄養素なのかをご紹介しています。